ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ビートス オンラインショップへ
アブソリュート株式会社様へ

Re: マルチメディアキーの登録

このトピックの投稿一覧へ

Re: マルチメディアキーの登録

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-1-13 22:49
disklessfu  <EXPERT>   投稿数: 198
受信アプリケーションとは
起動するとタイトルバーに「USB赤外線リモコンキット 受信設定, Configuration Tool ver 1.10」と表示されるアプリですよね
違っていたらご指摘下さい
以降、a-desk.jpの表記に合わせて、受信用設定ツールと記述します。



私は受信用設定ツールはあまり詳しくないのですが、とりあえず回答させて頂きます。

ただmsg# 1は、2行目までは受信用設定ツールに関する質問内容として妥当、普通だと思うのですが、
3行目以降は受信用設定ツールに関する通常考えられる質問内容とのズレを感じます。
もしかすると、そもそも受信用設定ツールが適用できないケースなのでは?との疑念も持ちます。
3行目以降の詳しい意味を逐語的に問うていては長くなり過ぎるので、
こちらから、受信用設定ツールの機能を書きます。
まずそれを読んで下さい。


受信用設定ツールは、
ビットトレードワン社のUSB接続赤外線リモコンのEEPROM内に
赤外線命令のコードとキーコードの16進データのペアを書き込む(登録する)アプリケーションです。
※ただし登録できるキーコードには制限があります。


上記データが書き込まれたUSB接続赤外線リモコンは、
登録された赤外線命令を受信した際に、登録されたキーコードを(そのPC内に)Sendします。

この仕組みによって、手持ちの赤外線リモコンの何かのボタンを、キーボードの何かのキーの代わりにすることができます。


多分USB接続赤外線リモコンは、マルチメディアキーなどの特殊なキーに対応していないでしょう。
せいぜい、「Alt + 何か」「Shit + 何か」「Alt + Shift + 何か」あたりの対応まででしょう。
それに伴い、受信設定アプリケーションで登録できるキーアサインも同じ制限を持つでしょう。

USB接続赤外線リモコンがマルチメディアキーなどの特殊なキーに対応していないなら
AutoHotkeyという常駐ソフトでキーコードを変換することで問題を解決できる可能性があると思います。
そもそも受信設定アプリケーションは、AutoHotkeyとの併用を前提に企画された、と言って過言ではないでしょう。
AutoHotkeyは、何か特定のアプリケーションを起動する用途でも使用することになるでしょう。


手持ちの赤外線リモコンのボタン押下に対応して、マルチメディアキーボードのマルチメディアキーを擬似的に押したいなら、

受信用設定ツールでは、USB接続赤外線リモコン及び受信用設定ツールが対応しているキーコード、例えば(Alt + Shift + 何とか)
をキーアサイン欄に設定しておきます。

USB接続赤外線リモコンは(登録済みの何かの)赤外線命令を受信した際に、例えば(Alt + Shift + 何とか)を自動でSendします。

AutoHotkeyはそれをバックグランドで取得し、直後に自動でマルチメディアキーのBrowser_HomeをSendする設定にしておきます。

これによって、手持ちの赤外線リモコンの何かのボタンが、マルチメディアキーボードのブラウザ起動ボタンの代わりになります。

もちろんこの、受信用設定ツールとAutoHotkeyとの連携キー(コード)となる、例えば(Alt + Shift + 何とか)は、他のアプリで使用しないキーである必要があります。
つまり(Alt + Shift + 何とか)の代わりに'a'みたいなどのアプリでも使うようなキーを設定しては不味い筈です。
(もちろん動作確認時には何を登録してみようと自由です)



もしmsg# 1の方に上記説明が役に立たない場合、そもそもmsg# 1の説明が的確ではなかったのだと思われます。
適宜、早く解決に結びつくように、改めて説明を加えるなどの対応をおこなって下さい。


ちなみにUSB接続赤外線リモコン及び受信用設定ツールには受信できる赤外線命令に著しい制限があります。
送信用設定ツールとは大きな違いがあります。
その辺りの説明はとりあえず割愛します。
「受信用設定ツールで使える赤外線リモコン」を用意して頂ければとりあえず使用できると思います。
イイね!の数:0
返信する

この投稿に返信する

題名
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ