ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ビートス オンラインショップへ
アブソリュート株式会社様へ

Re: ダイキンのエアコンで動作一切不可

このトピックの投稿一覧へ

Re: ダイキンのエアコンで動作一切不可

msg# 1.6.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-11-7 0:20 | 最終変更
disklessfu  <EXPERT>   投稿数: 198
実は一昨日、USB_IR_Remote_Controller_Advance_Trns_CT.exe(ADIR01P_Trns_CT_v12)を使った際に、
フォーマット変換は必要ないことに気づきました。
でも、テキストを読み込ませて送信する方法がわかっていないので、まだ報告していませんでした。
報告が遅れてお手数をかけました。すみません。

検証はまだおこなえていません。
その為には正しい赤外線命令を送信可能な他のツールが必要です。

手持ちのlircで送信できるんですが、lirc送受信機のケースには受信用の穴しか開けていないので、
送信する為には固定を外してケースから基板を取り出す必要があります。
それが面倒なのでまだやってません。

また、warpさんがアップされたデータをADIR01P_Trns_CT_v12から送信し、
lircで計測することにも意味がある筈ですが、前述のように送信の方法が
まだわかっていません。そもそも送信可能かどうかもまだわかっていません。

という状況です。

今までのところ
https://pastebin.com/KJMxfenB
は途中でデータが終わっていて、
https://pastebin.com/TEeQt7p5
の方では最後までデータが取得できている理由が全くわかりません。

受信処理自体は完全にハード側でおこなっていて、
ADIR01P_Trns_CT_v12であろうとLinuxのツールであろうと、後で結果を受け取るだけなので、
「ツールの違いによって、長いオフの受信において問題が発生したり、しなかったりする」するという
事態は原理上、普通発生しえないからです。

実際にはそれが発生するのなら、かなり複雑な事情が関係しているとしか考えられません。

もしくは、warpさん、失礼ながら
https://pastebin.com/KJMxfenB は https://pastebin.com/TEeQt7p5 と比べると、途中で切れるまで
デジタル的に同一なので、何らかの偶発的な不具合(作業ミスとか?)で途中で切れただけなのではありませんか?


ちなみにhttps://pastebin.com/TEeQt7p5https://pastebin.com/3F1w2Fue
はデジタル的に同一でした。
(2017年11月8日追記:↑これは誤り。msg# 1.8にも記述)
イイね!の数:0
返信する

この投稿に返信する

題名
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ