ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ビートス オンラインショップへ
アブソリュート株式会社様へ

Linuxサポートについて

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2012-6-19 17:06
 
Linuxでのサポート予定はありませんでしょうか?
イイね!の数:5
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-7-9 11:16
阿部  <HERO> 居住地: 神奈川県  投稿数: 603
大変申し訳ございませんが、現在の所Linuxサポートの予定はありません。

ただし、USBのHIDクラスを用いておりますので、設定ソフトは起動できませんが、
設定済のものは受信用としては使用出来るかと思います。
(動作未確認です)


どうぞ、宜しくお願いいたします。
イイね!の数:6
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-7-23 17:34
 
Linuxから使用できております。

USB接続してdmesgで確認すると、
generic-usb 0003:22EA:001E.0006: hiddev0,hidraw5: USB HID v1.11 Device [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:1d.2-1/input3
のようにhiddev・hidrawデバイスの両方として認識される行があると思います。
その行にあるhidrawの方のデバイス(この例だとhidraw5)に対して、
# /usr/bin/printf "\x60\x82\x7a\x85\x1f\xe0" > /dev/hidraw5

のように先頭に0x60をつけ、続けて送信したいリモコンコード(「赤外線送信ライブラリ・マニュアル」の「制御コード」を含む)
を送信してやると、リモコン送信が可能です。

0x60はファームウェアソースコードのmain.cのProcessIO()関数のcase文に書かれていました。
おそらく他のコマンドも動くと思います。
イイね!の数:15
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-11-13 12:50
 
一番最初に質問したものです。

時間が経ちましたが、簡単にご報告いたします。
設定には設定ソフト利用のためのWindowsPCが必要となりますが、設定後Linux(Ubuntu)に接続すれば、そのまま受信用途で利用できております。

また、受信は試しておりませんが機会あれば上記利用方法を試してみたいと思います。
ご回答・アドバイスありがとうございました。
イイね!の数:5
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-7-6 22:18
 
こちらScientific Linux 6.4で試みました。

# /usr/bin/printf "\x60\xXX\xXX\xXX\xXX" > /dev/hidraw7
/usr/bin/printf: 書き込みエラー: パイプが切断されました

となってしまいます。実行はrootで行っています。
切り分けのため以下を実行しました。

# /usr/bin/printf "\x60\x00" > /dev/hidraw7
/usr/bin/printf: 書き込みエラー: パイプが切断されました
# /usr/bin/printf "\x60" > /dev/hidraw7
/usr/bin/printf: 書き込みエラー: 無効な引数です

hidraw7であることはdmesgの

kernel: generic-usb 0003:22EA:001E.0034: hiddev97,hidraw7: USB HID v1.11 Device [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:13.0-3/input3

で判断しています。Windowsの送出プログラムでは動作しています。
イイね!の数:4
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-7-25 1:03
 
自分もデバイスファイルでコントロールすることができなかったので、
libusbを使ったツールを作ってみました。

https://github.com/kjmkznr/bto_ir_cmd

一応手元ではコレで動作させることができました。
イイね!の数:12
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-11-30 23:40
 
ツール公開、ありがとうございます。

Raspberry Pi に Raspbian を入れた環境でも、公開されているツールが
動作しました。せっかくなので情報共有まで。

なお、printf で hidraw にデータを出すやりかただと、sudo しても
「許可がありません」ではねられてしまいました。
イイね!の数:5
返信する

このトピックに投稿する

題名
投稿本文