ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ビートス オンラインショップへ
アブソリュート株式会社様へ

Re: ボタンのオン・オフの逆転その2

このトピックの投稿一覧へ

Re: ボタンのオン・オフの逆転その2

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017-7-13 0:07
disklessfu  <EXPERT>   投稿数: 190
ピンの意味を単に逆転するなら、ソースの中の、以下のような記述

result_button_press_set = !PIN1 | (!PIN2 << 1) | (!PIN3 << 2) | (!PIN4 << 3) | (!PIN5 << 4) | (!PIN6 << 5)\
| (!PIN7 << 6) |(!PIN8 << 7);
result_button_press_set2 = !PIN9 | (!PIN10 << 1) | (!PIN11 << 2) | (!PIN12 << 3);

の、たとえば、"!PIN1" との記述を "PIN1" に書き換えれば夫々のピンの意味は逆転します。

そのソースをコンパイルし、書き込めば作業は終了するかもしれません。



ただし、それだけではうまくいかない可能性があります。
KI1233-AAに合わせて、プルアップ抵抗の値を変更する必要があるかもしれません。
そのため、プルアップ抵抗値を変更しやすい、ピン7〜ピン10を、修正を加えるピンとして選択すべきでしょう。
イイね!の数:1
返信する

この投稿に返信する

題名
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ